« 誕生日 | トップページ | 修正申告 »

2004.12.03

借地権

実例
ご主人が古い自宅を1軒持っていて住んでいた。
借地だったので、地主さんに地代を払っていた。

①家が狭くなったので地主さんの了解を得て、自宅を新築に立て直した。
  今までの家はご主人の名義だったが、銀行借入の関係で、
  新築の建物は奥さんと1/2の共有にした。

②数年後地主さんから底地を買い取って欲しいとの話があった。
  金額的に高かったが自分の土地になるので、思い切って買い取った。
  将来のことを考え土地名義は長男と1/2の共有にした。
  (当然長男に買取金額の1/2を負担させた。)

よくある話ですが、①も②も借地権の贈与課税の対象になります。
びっくりするような税金がきても後の祭りです。
①については、『借地権の使用貸借に関する確認書』
②については、『借地権者の地位に変更がない旨の申出書』
を税務署に提出すれば、贈与課税されません。
ほんの1~2分で書ける書類です。

お金が動く時は、かならず専門家に相談しましょう。

|

« 誕生日 | トップページ | 修正申告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/2138868

この記事へのトラックバック一覧です: 借地権:

« 誕生日 | トップページ | 修正申告 »