« 税理士の進むべき方向 | トップページ | 税理士不要論 »

2005.01.26

信用保証料の税務

質問
当社は小口の借入金があり、信用保証協会に対して、
保証料(10~15万円)を支払っています。
この保証料は、前払費用として期間按分するのか、
繰延資産として、少額規定で一括損金できるのか教えてください。

答え
繰延資産は、その支出の効果はありますが換金性もなく、
法律上の権利もないものです。
したがって、借入金を繰上完済した場合、その保証料が
返済されるか否かが判断の分かれ目になるでしょう。
ちなみに、信用保証協会の保証料は契約書上では、
繰上完済しても未経過分の保証料は返済しないことに
なっているようですが、事実上は一定の方法により
返済することになっているようです。・・・・・微妙

|

« 税理士の進むべき方向 | トップページ | 税理士不要論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/2700209

この記事へのトラックバック一覧です: 信用保証料の税務:

« 税理士の進むべき方向 | トップページ | 税理士不要論 »