« 信用保証料の税務 | トップページ | 法定調書 »

2005.01.29

税理士不要論

http://plaza.rakuten.co.jp/otsuge/diary/200403150000/
税理士不要論かぁ。付加価値を生まないかぁ。よっぽど悪い、にせ税理士にでも騙されたのだろうか。

http://ken-s.tea-nifty.com/hal/2005/01/post_17.html

税理士=税務 と考えれば確かにそうかも知れません。
でも会計コンサルタント・経営コンサルタント・ITコンサルタントとしては、われわれに対してかなりの期待と需要があるのは間違いないと私も思います。
ただ残念なのは、期待されている分野に対する力不足です。

わたしは、何か一つでよいから、必要とされる分野でさすが税理士といわれる貢献をしたいです。


|

« 信用保証料の税務 | トップページ | 法定調書 »

コメント

初のトラックバックをいただき、ブログを見にきました。
参照した「税理士なんて要らないんじゃないの?(Ver2005) 」。こういう人は相手にしなきゃいいんでしょうけど、なんとも情けない。お年寄りの公的年金の申告、震災被害者の雑損控除申告でがんばっているのに、という思いがします。

税務以外にどのようなことで懸命に経営に取り組んでいらっしゃる方のお役に立てるのか、模索中です。

投稿: 笹川 | 2005.01.31 12:48

初対面の人と話していて、こちらの職業がわかったときの相手の反応で、その人に付いている税理士の質がわかりますよね。
「税理士先生ですか」「税理士さんですか」「何だ税理士か」

投稿: 招き猫 | 2005.02.01 01:28

税理士自体の存在理由は何か?付加価値を生まないこの職種は、もともと役人の失業対策で偉そうに「士」をつけている。
http://plaza.rakuten.co.jp/otsuge/diary/200403150000/
これって初めて聞くことではないけどインパクト大です。この付加価値の大部分が『信頼』だと思います。
「税理士先生ですか」「税理士さんですか」「何だ税理士か」 信頼度のランク順の感じです。

投稿: two-for-you | 2005.02.01 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/2733786

この記事へのトラックバック一覧です: 税理士不要論:

« 信用保証料の税務 | トップページ | 法定調書 »