« 外国語と税務署 | トップページ | 有限会社のままでいるべきか? »

2005.06.29

終末医療

医療費・年金の厚生費の税負担が議論されています。
日本の医療費の四割は、終末医療にかかるそうです。

家族からすれば、もっとも医療を必要とするときですから、
どんなにお金がかかっても・・・という気持ちは当然です。

しかしお年寄りが亡くなるとき、医療だけがたより、というのも
さびしい気がします。 家族の相応の負担があってしかるべきです。
50年前は、自宅死亡が82.5%、現在は13.4%だそうです。

子供を生み育てること、親をみとること、私は義務以前の
生物本能的なことだと思います。

0371


|

« 外国語と税務署 | トップページ | 有限会社のままでいるべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/4759149

この記事へのトラックバック一覧です: 終末医療:

« 外国語と税務署 | トップページ | 有限会社のままでいるべきか? »