« アリの教訓 | トップページ | 終末医療 »

2005.06.24

外国語と税務署

お客様にパキスタンの方が何人かいらっしゃいます。

個人事業者の場合居住形態に関する確認書
(Confirmation of the Type of Resident Status, Etc)
の提出を求められますが、付随して各種の海外の書類を添付することがあります。

税務署は日本語が無理だったら英語の訳文を添付して下さい、と言います。
パキスタン語は確かにわからないだろうなと思います。
パキスタンの方は例外なく英語ができますからこちらは、問題ありません。

イタリア語の証明書があったときは、税務署の方にわかりませんと言われ、
こちらで翻訳料を払い訳文をつけるしかありませんでした。
日本の税務署ですから、日本語でというのは重々わかりますが・・・・

|

« アリの教訓 | トップページ | 終末医療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/4687031

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語と税務署:

« アリの教訓 | トップページ | 終末医療 »