« 三者通話 | トップページ | 勉強会 »

2005.06.06

法人契約で遺族が保険金を受け取った場合

0488質問
法人が契約者・死亡保険受取人である保険で、
被保険者(社員・役員)が死亡し、その死亡保険金を被保険者の
遺族が収受した場合、法人と遺族の税務はどうなりますか?

答え
法人については、特段の経理は要しません。
もし養老保険等で、保険積立金がある場合には、
保険積立金を全額損金に算入できます。
被保険者の遺族にあっては、その保険金は
『みなし相続財産』として、相続税の対象となります。

|

« 三者通話 | トップページ | 勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/4438167

この記事へのトラックバック一覧です: 法人契約で遺族が保険金を受け取った場合:

« 三者通話 | トップページ | 勉強会 »