« 野茂選手おめでとう! | トップページ | 外国語と税務署 »

2005.06.20

アリの教訓

アリを巣から離れたところへつれて行きます。そこでアリを2つのグループに分けます。(中略) 
 この実験の意味は、自由に遊ばせたアリは社会変化への対応能力があることを
証明するためのものだったと思うのですが、・・・(略)

関根先生、いつも素晴らしいお話ありがとうございます。
先生の人生訓・事業訓・生き方の大ファンです。

遊びは確かに必要ですね。
『頭(勉強)と腹(宴会・飲み会)と足(旅・遊び)を使え』
も先生からお聞きして、会計事務所経営の真髄だと思いました。

|

« 野茂選手おめでとう! | トップページ | 外国語と税務署 »

コメント

トラックバックいただきありがとうございます。
私の方こそ、いつも前向きで熱心な小泉先生を拝見しております。これからも、お仲間としてお付き合いいただければ嬉しいです。ありがとうございます。

投稿: 関根舜助 | 2005.07.09 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/4633485

この記事へのトラックバック一覧です: アリの教訓:

« 野茂選手おめでとう! | トップページ | 外国語と税務署 »