« 比較はむずかしい | トップページ | ノートパソコン »

2005.10.19

定額法と定率法

質問
自社ビルを建築しました。
建物の減価償却について教えてください。

答え
平成10年4月1日以降に取得した建物は、すべて定額法で償却します。
ただし、建物付属設備(電気設備・給排水設備・冷暖房・エレベーター等)
を本体建物と別勘定で計上すれば、耐用年数も短くできるし定率法償却も可能です。
構築物(広告設備・緑化施設・へい等)も同じです。

0758

|

« 比較はむずかしい | トップページ | ノートパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/6470021

この記事へのトラックバック一覧です: 定額法と定率法:

« 比較はむずかしい | トップページ | ノートパソコン »