« ネットオークション | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅰ »

2006.01.16

少額減価償却資産と償却資産税

償却資産税の提出月になりました。
事務所で少額減価償却資産の選択について打ち合わせしました。

1.30万円未満の減価償却資産は、特例で一括損金算入できます。
2.20万円未満&10万円以上の減価償却資産は、一括償却資産
  として、3年償却することも選択できます。
3.ところが、償却資産税では1については課税、2については非課税です。
4.1月末に、償却資産税の申告書を提出した後、決算対策等で1→2、
  2→1に変更した場合、償却資産税の申告書の修正が必要になります。

結論はせっかくの特例だから30万円未満の減価償却資産は、原則として
全部一括損金算入という方向ですが、厳密に考えれば考えるほどめんどうで、
税法を作る方、ここまで考えてと言いたいです。

|

« ネットオークション | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/8192809

この記事へのトラックバック一覧です: 少額減価償却資産と償却資産税:

« ネットオークション | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅰ »