« 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ | トップページ | 指定介護老人福祉施設 »

2006.02.26

特定扶養

わが家には、高校2年の子供がいますが、3月生まれなので、
今年初めて、特定扶養親族になりました。

特定扶養親族とは、扶養親族のうち、年齢16才以上23才未満の者をいいます。
平成17年分は、昭和58年1月2日から平成2年1月1日までの間に生まれた者となります。

特定扶養親族になると扶養控除額が38万→63万ですから+25万の
所得控除が加算できます。税額で5万円、住民税も考えれば7~8万の減税効果です。高校・大学はお金がかかるから、という立法趣旨です。

しかしよく考えると通常は7年間(大学進学した場合)使える特定扶養が、
早生まれの子供は6年間しか使えません。
大学卒業年は一般的には4月から本人収入が発生し、扶養親族から外れるからです。

平成17年分は、昭和58年4月2日から平成2年4月1日までの間に生まれた者
とすべきです。課税の公平を期するなら。
税法が暦年基準が原則となっているので、日本の学制(4月スタート)
まで考慮されてないわけです・・・。

|

« 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ | トップページ | 指定介護老人福祉施設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/8840098

この記事へのトラックバック一覧です: 特定扶養:

« 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ | トップページ | 指定介護老人福祉施設 »