« 実質的な一人会社の節税規制Ⅱ | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ »

2006.02.15

国民健康保険・国民年金

ご主人がサラリーマンの夫婦がいます。
奥さんはご主人の被扶養配偶者で、ご主人の会社の社会保険に
入っていました。
平成17年の1月から奥さんが自営で商売を始めました。
奥さんが自分で国民健康保険・国民年金の加入者になるのは、
どのタイミングでしょうか?

①平成17年1月商売開始時
②商売の売上が累積130万を超えた時
③商売の売上から経費を引いた所得が累積130万を超えた時
④平成18年3月提出期限の確定申告で所得が130万を超えた時

答えは原則②だそうです。(ただし場合によっては③)
しかも結果的に年間の所得が130万なかった場合でも、遡及して
ご主人の社会保険に被扶養者として戻ることはできないそうです。

制度的な矛盾を感じます。

|

« 実質的な一人会社の節税規制Ⅱ | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/8674562

この記事へのトラックバック一覧です: 国民健康保険・国民年金:

« 実質的な一人会社の節税規制Ⅱ | トップページ | 実質的な一人会社の節税規制Ⅲ »