« 住宅リフォームと贈与 | トップページ | 会社の寿命 »

2007.07.19

株式の時価と適正な取引価格

質問

個人が個人にたいして、非上場株式を譲渡する場合、
適正な時価によると聞きましたが、どのような評価方式による時価
を使えばよいですか?

答え

前提として、
譲渡人 同族株主の場合 → 譲受人 同族株主で譲受後の持株割合5%未満
                         かつ非役員のもの 又は、同族株主以外
譲渡人 同族株主以外  → 譲受人  同族株主で譲受後の持株割合5%未満
                         かつ非役員のもの 又は、同族株主以外

この2つの場合は、特例的評価方式(配当還元方式)によることができます。

この2つの前提以外は、すべて原則的評価方式による時価となります。


0600

|

« 住宅リフォームと贈与 | トップページ | 会社の寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/15810140

この記事へのトラックバック一覧です: 株式の時価と適正な取引価格:

« 住宅リフォームと贈与 | トップページ | 会社の寿命 »