« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.09

増加償却

質問
当社は機械の稼働時間が、1日16時間にもなり、
通常の2倍の消耗・減耗があり、税務上の法定
耐用年数まで機械を使用することができません。
この場合なにか考慮されますか?

答え
減価償却資産の法定耐用年数は機械装置などについては1日
あたりの平均使用時間を見積もった上で制定されています。
その平均使用時間を超えるような稼働をする機械装置であれば、
当然にその定められた耐用年数まで使用することはできません。
そこで、そのような平均使用時間を越えて稼働をしているような
機械装置については、償却限度額を増加させて償却することが
認められています。

改定償却限度額
 改定償却限度額 = 普通償却限度額 × (1+増加償却割合)

増加償却割合
 増加償却割合=(35/1,000)×機械及び装置の1日当たりの超過使用時間

☆増加償却割合が10%に満たないときは、増加償却の規定は適用できない
☆適用を受けようとする事業年度の確定申告書の提出期限までに届出必要

0550

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »