« 外貨普通預金 | トップページ | 賃金台帳と未払給与 »

2009.03.31

認定役員賞与と住民税

法人の税務調査で役員の認定賞与が過去5年分認定されたとします。
処理としては、税務署は法人に対して源泉所得税を決定します。

確定申告をしている役員であれば、個人所得税の修正額が自動的に
市区町村に行きますが、給与所得だけの役員はどうすれば良いのでしょうか?
当然、その役員は税務調査修正として、市区町村に給与支払報告書(修正分)
を提出しなければなりません。これは会社(自分)でやるべきことです。
また、社会保険加入の場合は、時効成立の2年前までは月変を提出しなければ
なりません。国保の場合も介護保険も2年分の修正が必要です。

この一連の作業がどれだけチェックされているでしょうか?
税務署の職員は「給与支払報告書を出してください」と言ってたぶん終わりです。
延滞金、加算金の問題もあります・・・shock


Phm04_0289

|

« 外貨普通預金 | トップページ | 賃金台帳と未払給与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58446/44522477

この記事へのトラックバック一覧です: 認定役員賞与と住民税:

» 先着50名の方に無料で本贈呈 [介護付有料老人ホーム アビタシオン千葉]
「陽だまりの風景」 〜豊かな老後の日常を提供するアビタシオン千葉の挑戦〜の題名で10月初旬書店にて販売が開始されることとなりました。つきましては、発売を記念し先着300名の方に本書を贈呈させて頂くことと致しましたのでご笑納の上、ご一読頂きますようお願い申し上げます。本書ご希望の方は・・・・・・... [続きを読む]

受信: 2009.03.31 18:51

« 外貨普通預金 | トップページ | 賃金台帳と未払給与 »